BodyChanceのプロコースで教えるアレクサンダー・テクニーク教師ヤスヒロ(石田 康裕)のページです。テクニークの歴史や役立ち情報など多くを載せています。教育分野(学校の先生など)での応用にも力を入れています。ヤスヒロは、埼玉・東京でのレッスン、出張レッスンを行っています。機械工学修士で27年間、高校で教えました。

【お知らせ】

坂戸ワンデイWS第1回の内容を、平日の9月30日(木)に再開催します。
    9月30日(木)第1回(再開催)「頭が前へ上へ」を知る 【募集を締め切っています】
   詳細、申込はこちらから。

「カラ・ステッコのファシア・テキストを学ぶ」(月1回のオンラインレクチャー)の追加参加受付中です。今までの回を録画で見ることができます。 詳細、申し込みはこちらから。

池袋アレクサンダークラス、(14:00-16:00)
6人までの少人数制で、じっくり学べます。池袋駅から徒歩30秒と交通の便の良い所ですので、アレクサンダー初心者も経験者もぜひご参加ください。
(初回は体験価格3,000円

坂戸クラス坂戸個人レッスンは、各ページをご覧下さい。
(坂戸クラスの初回は体験価格3,000円 池袋クラスと合わせて、1回だけ使えます。個人レッスンは初回のみ体験価格 60分6,0000円です。

オンライン・個人レッスンも行っています(初回は60分 体験価格 6,0000円)。

無料メルマガを、「月1回の定期配信+ときどきの不定期配信」という形で出しています。定期メルマガの内容は、このWebページには載せていない内容です。ぜひお申し込みください。

ブログ

坂戸ワンデイワークシップ第2回「背中が長く広くを知る」が終わりました

一昨日(2021年9月4日)に、タイトルのWSを参加者4人で開催しました。 予定していた会場がコロナで閉館になってしまったので、自宅のレッスン室で行いました。8畳の部屋にわたしを含めて5人いたわけですが、全員が立って動き …

「背中が長く広く」と胸腰ファシア、大殿筋、脚のファシア

「頭が前へ上へ」では、首の周りのファシア層と僧帽筋、肩甲骨(それと一緒に動く鎖骨)の動きが重要でした。「背中が長く広く」では、もちろん頭の動きも重要ですが(なにしろプライマリ[primary 主要な]ですから)、特に広背 …

アレクサンダーが行った「本」を使うワーク

アレクサンダー・テクニークで「本」を使うと言えば、「ライング・ダウン(セミ・スパイン)」で、頭の下に使うことが良く知られていますが、アレクサンダーは他にも背中の感覚を鋭くするために使いました。 それについてウォルター・キ …

坂戸ワンデイワークシップ第1回「頭が前へ上へを知る」が終わりました

昨日初めての坂戸ワンデイ・ワークショップが終わりました。このワンデイ・ワークショップでは、毎回アレクサンダー・テクニークの基本的なテーマを取り上げて、それを深く掘り下げて行きます。6人以下という小人数で、1日かけて1つの …

頭が前へ上へを考えるときのシンキングの質

アレクサンダー・テクニークは本では学べない、と良く言われます。その一方で、アレクサンダー自身は、誰にも教わらずにこのテクニークを作ったし、その手順は彼の本の「自分の使い方」に書いてあるのだから、独学できるはずだ、と考える …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.