BodyChanceのプロコースで教えるアレクサンダー・テクニーク教師ヤスヒロ(石田 康裕)のページです。テクニークの歴史や役立ち情報など多くを載せています。教育分野(学校の先生など)での応用にも力を入れています。ヤスヒロは、埼玉・東京でのレッスン、出張レッスンを行っています。機械工学修士で27年間、高校で教えました。

【お知らせ】
〇 メールマガジンを始めます。内容、お申し込みはこちらから。

〇「学校の先生のための春休みWS」についてのブログを載せました。次回の「夏休みのWS」は、2018年8月8日(水)、9日(木)、10日(金)です。

○新宿朝日カルチャー2018年4月-6月の講座は、日常生活での身体全体の使い方です。疲労を少なくするアレクサンダー・テクニークの効果を体験できます。

 

ブログ

中腰になるときのコツ-新宿・朝日カルチャー「疲労を軽減するアレクサンダー・テクニーク」2回目_2

今回は、中腰になるときに行うと疲れないかを扱いますが、その前に前回のブログに関連したイスから立ち上がるときの注意点を先に書きます。 それは、つい身体を固めてしまうことについてですが、これは中腰になるときにも、とても重要で …

新宿・朝日カルチャー「疲労を軽減するアレクサンダー・テクニーク」2回目

先週金曜日(2018年5月18日)は、「疲労を軽減するアレクサンダー・テクニーク」の2回目でした。 アレクサンダー・テクニークで疲労が軽減できるのは、身体の余分な緊張や、精神に起こる余分なストレスを持たずに毎日の活動を行 …

SBLを動きに活かす―プライマリ・コントロールとアナトミー・トレイン5

前回書いたように、SBL(スーパーフィシャル・バックライン)が首の筋肉の浅い層を通らないために、腕の使い方とは直接的は関係しないことは注目すべき点です。 多くの人が腕を重くして、肩甲骨とさらには頭までも下方向に引き下げて …

プライマリ・コントロールとアナトミー・トレイン4

身体の後ろ側の線SBL(スーパーフィシャル・バック・ライン)の続きです。 わたしたちが身体の設計に合った動きをするためには、マイヤースのSBLで、アレクサンダーの言う「拮抗的な引張り」が起きる必要があります。 それは主に …

身体の背中側の線-プライマリ・コントロールとアナトミー・トレイン3

アレクサンダー・テクニークの「プライマリ・コントロール」を、トーマス・マイヤースの「アナトミー・トレイン」との関連で見ています。 今回は背中側の線ですが、それはアレクサンダーが生徒に教えるときに使った有名なディレクション …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.