BodyChanceのプロコースで教えるアレクサンダー・テクニーク教師ヤスヒロ(石田 康裕)のページです。テクニークの歴史や役立ち情報など多くを載せています。教育分野(学校の先生など)での応用にも力を入れています。ヤスヒロは、埼玉・東京でのレッスン、出張レッスンを行っています。機械工学修士で27年間、高校で教えました。

ヤスヒロ

  • HOME »
  • ヤスヒロ

ヤスヒロ(石田 康裕)

BodyChanceディレクター、朝日カルチャーセンター(新宿)講師。
埼玉県坂戸市在住。

 

 

 

【略歴等】

新潟県小千谷市生まれ。
国立長岡工業高等専門学校機械工学科卒業(11期生)
国立長岡技術科学大学大学院修士課程(機械システム工学)修了(1期生)。
高校時代は本好きで、特に神谷美恵子の「人間をみつめて」には大きく影響を受けた。
週に一度、スポーツ少年団の指導を5年間行う。

大学終了後、埼玉県にあった富士写真光機株式会社(現在は富士写真フィルム(株)に吸収されている)に5年間勤め、内視鏡用の光ファイバーの製造を担当する。

その後、埼玉県の工業高校教員として27年間勤務(狭山工業高校6年、新座総合技術高校21年)。
「データベーススペシャリスト(経済産業省)」「英検1級」などの資格を多数持ち、工業高校、普通高校の情報教科書の執筆に加わる。
2001年より3年間トルコ共和国での途上国援助に文部科学省からJICAを通して派遣。
平成22年度文部科学大臣優秀教員。
林竹二などの著作に影響を受け教員になったが、特にルドルフ・シュタイナーとシュタイナー教育は継続的に関心があり、自宅にはまだ100冊ほどの本がある。
2005年から、BodyChanceでアレクサンダー・テクニークを学び始め、2010年に卒業認定を受ける。

2014年3月で教員を早期退職し、その年の4月からBodyChance教育ディレクターとして、全体のとりまとめを行い、プロコース、ベーシックのクラスを教える。またBodyChanceのブックコースを作り、主担当を務め、コーステキストのEOT & UOS、MSI、CCCIを翻訳。(ブックコースは現在も継続して担当している)。

2017年に、フルタイムスタッフを退きフリーランスとなる。
現在、BodyChanceのプロコース、ベーシックで指導するほか、朝日カルチャーセンター(新宿)講師、自宅でのレッスン、出張レッスン等、関連文献の翻訳等を行う。

【趣味・興味】
アレクサンダー・テクニークの内容、歴史について
(アレクサンダー関連の本は100冊以上所有)
脳科学
クラシックギター合奏(30年以上のキャリア、月に一度、地元で指導を行う)
音楽鑑賞(クラシック、昔のフォークやロック)

【連絡先】
yasuhiro.alex@gmail.com, info@yasuhiro-alex.jp

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.