BodyChanceのプロコースで教えるアレクサンダー・テクニーク教師ヤスヒロ(石田 康裕)のページです。テクニークの歴史や役立ち情報など多くを載せています。教育分野(学校の先生など)での応用にも力を入れています。ヤスヒロは、埼玉・東京でのレッスン、出張レッスンを行っています。機械工学修士で27年間、高校で教えました。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 動きと姿勢のヒント

動きと姿勢のヒント

身体の背中側の線-プライマリ・コントロールとアナトミー・トレイン3

アレクサンダー・テクニークの「プライマリ・コントロール」を、トーマス・マイヤースの「アナトミー・トレイン」との関連で見ています。 今回は背中側の線ですが、それはアレクサンダーが生徒に教えるときに使った有名なディレクション …

プライマリ・コントロールとアナトミー・トレイン2

アレクサンダー・テクニークの「プライマリ・コントロール」をトーマス・マイヤースの「アナトミー・トレイン」との関連を見ています。 2回目の今回は、「アナトミー・トレイン」の概要です。 身体は全体としてつながっている 人の身 …

プライマリ・コントロールとアナトミー・トレイン1

アレクサンダー・テクニークの「プライマリ・コントロール」をトーマス・マイヤースの「アナトミー・トレイン」との関連で見て行こうと思います。 今回の1回目では、「プライマリ・コントロール」を振り返ってみます。 アレクサンダー …

新宿・朝日カルチャー「疲労を軽減するアレクサンダー・テクニーク」1回目(続き)

新宿・朝日カルチャー「疲労を軽減するアレクサンダー・テクニーク」1回目からの続きです。 (4)他の動きでも試す 「首を固めたり、頭を後ろに引く」ことと、それを「解放しながら」動きを行うことを、他の動作でも試すことができま …

新宿・朝日カルチャー「疲労を軽減するアレクサンダー・テクニーク」1回目

わたしたちの身体は、自分が思っているよりも、かなり少ない力で動きます。 子供たちの伸びやかな動きと、大人の動きを比べてみてください。 違いはどこから起こるのでしょうか、筋肉が衰えたからでしょうか。 でも、子供たちの筋肉は …

土曜特別講座「腕の使い方と声・呼吸の関係を知る」

先週の土曜日(10月22日)に行った、「腕の使い方と声・呼吸の関係を知る」の90分の講座の内容を紹介します。 腕の使い方が、呼吸や声にどう影響するかを、実体験してもらいました。 最初に、腕を構成する鎖骨、肩甲骨、上腕骨な …

テンセグリティとアレクサンダー・テクニーク5

自分の身体をテンセグリティと考えて、トーンの違いにより何が起こるかさらに実験してみます。 身体を動かすこと、演奏やスポーツ、その他のスキ向上に役立ちますので、ぜひ試してみてください。 (1)トーンが上がると、身体の各部が …

テンセグリティとアレクサンダー・テクニーク4

今回は、立つこと、座ること、歩くことを使って、みなさんが実験できることを書きますので、ぜひ試してみてください。 (1)立ち姿勢とテンセグリティ 疲れたときは身体は重いですし、調子の良いときは、晴れやかで軽く感ます。 体重 …

テンセグリティとアレクサンダー・テクニーク3

テンセグリティの3回目です。引き続き、アレクサンダー・テクニークと動きとの関連で考えます。 (4)張り(トーン)を変える要因 アレクサンダー・テクニークを使うことで、身体全体の張り(トーン)に作用できますが、他にも無限に …

テンセグリティとアレクサンダー・テクニーク2

前回は主にテンセグリティ構造の特徴を見ましたが、今回はアレクサンダー・テクニークと動きとの関連で考えます。 (1)身体全体の張り(トーン)に最も影響する場所 人の身体は写真のテンセグリティ構造のような対称形ではありません …

« 1 2 3 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.