BodyChanceのプロコースで教えるアレクサンダー・テクニーク教師ヤスヒロ(石田 康裕)のページです。テクニークの歴史や役立ち情報など多くを載せています。教育分野(学校の先生など)での応用にも力を入れています。ヤスヒロは、埼玉・東京でのレッスン、出張レッスンを行っています。機械工学修士で27年間、高校で教えました。

池袋レクチャー

  • HOME »
  • 池袋レクチャー

池袋レクチャー第7回「ファシアの基本を知る--人の全体性とチェア・ワーク」(ファシア第1回)

池袋レクチャーの第7回は、2020年8月22日(土)に行い、同じ内容を8月末に大阪梅田でも行いました。
そのときの内容と参加者の感想を、こちらから見ることができます。

希望がありましたので、今回出席できなかった方のために、同じ内容を次の2回Zoomを使ったオンラインで行います。
10月4日(日)13:00-16:00
10月8日(木)9:00-12:00
希望される方は、このページの最後にあるフォームを使ってお申込み下さい。
なお、8月に参加された方で復習したい方は、2,000円(資料無し)で参加できます。

概 要

身体を骨と筋肉だけで考えずに、新しい視点としてのファシアを理解することで、人の動きをよりよく理解することができます。

今回は、ファシアを基本から理解することが主な内容ですが、知識の羅列にならないように、アレクサンダー・テクニークのレッスンで使われる動きなどに結びけて、実用的な理解にしていきます(動きは、全体性のサンプルとして使うので、テクニークを知らない方でも大丈夫です。)
最新のファシアについての研究成果や、テンセグリティなども使いながら、
資料とスライド、ビデオ、実演を使った、視覚的・体験的な内容になります。

ファシアは正確には何を指していて、それが人の動きにどう作用しているかを知りたい方、また、それにより、自分の動きを改善して、他の人の動きを観察する能力をつけたい方のためのものです。
ヨガや、ピラティスの動きの改善にも役立ちます。

     ブログ記事「ファシアとアレクサンダー・テクニーク」

      「ファシア」がなぜ重要か、その研究の現在

      「ファシア」を知ることの意味と、その4つの基本的役割 

      「ファシア」と全体性とアレクサンダー・テクニーク、レクチャー内容の詳細

今回のレクチャーの元になる情報

基本は、わたしが今年の5月から7月にかけて受講したのトム・マイヤーズ(アナトミー・トレインの著者)のWebセミナー(3種類、合計40時間以上)ですが、それを、わたしが持っている次の書籍の内容と関連づけます。
また、わたしがアレクサンダー・テクニーク教師として、10年の体験から身に着けてきた観察技術を、ファシアを使って考えます。
1)「Fascia」Shleip他(535頁) 
    訳書「人体の張力ネットワーク 膜・筋膜」
2)「Dynamic Body]」ダルトン(415頁)
3)「Functional Atlas or the human fascial system」Stecco
    訳書「筋膜系の機能解剖アトラス」
4)「Fascial fitness」Shleip他(224頁)
5)「Architecture of Human living fascia」Guimberteau他 
    訳書「人に生きた筋膜の構造」
6)「Anatomy Trains」マイヤーズ(317頁)
    訳書「アナトミー・トレイン」

3回シリーズの内容

3回シリーズですが、2回目だけ、または3回目だけの参加も可能です。
現在の計画では、次を予定しています。

第1回「ファシアの基本を知る――身体の全体性とチェア・ワーク」

ファシア、結合組織、・・色々な言葉が出て行きますが、それが何かを理解できるようにします。
身体が、テンセグリティの構造物として、全体として、どういう構成で考えれば良いかを、協調的に動くとはどういうことを見て行きます。
(8月22日に行います)

第2回「力の伝達・感覚入力器官としてのファシア――全体性と脚、モンキー」

1回目の内容を深めて、さらにファシアの持つ力の伝達やエネルギーの保存、感覚の入力の機能について考えます。
「固有感覚」(人が自分の動きや、身体部分の位置を知る機能)は、筋肉の筋紡錘だけでなく、ファシアにある器官も重要な役割を果たします。
(開催日未定)

第3回「ファシアと、腕、手、指の繊細な動き――全体性とハンズ・オン・バック・オブ・ザ・チェア」

1回、2回の内容を深めながら、楽器の演奏、マッサージなどにも重要な手の動きについて、ファシアの関連から考えていきます。ファシアが、感情にも影響を与えることも扱います。
(開催日未定)

期日、場所、申込み

【参加費】 8,000円(参加費+資料代 8月に参加した方は2,000円)
(申込後に振込先を連絡しますので、1週間以内に振り込みをお願いします。)

10月4日(日)13:00-16:0010月8日(木)9:00-12:00

【問合わせ】
ヤスヒロ yasuhiro-alex@gmail.com

 

 

 

 

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.