BodyChanceのプロコースで教えるアレクサンダー・テクニーク教師ヤスヒロ(石田 康裕)のページです。テクニークの歴史や役立ち情報など多くを載せています。教育分野(学校の先生など)での応用にも力を入れています。ヤスヒロは、埼玉・東京でのレッスン、出張レッスンを行っています。機械工学修士で27年間、高校で教えました。

池袋レクチャー

  • HOME »
  • 池袋レクチャー

池袋レクチャー「アレクサンダーの生涯とその教え方の変遷(前半)」

アレクサンダーの歩みを辿り、彼がどのようにテクニークを発展させ、どのように教えたかについてのレクチャーです。
アレクサンダー・テクニークがどのようなものかについての理解を助けます。

前半と後半の2回に分けて行いますが、今回はその前半です(後半の日程が決まりましたら、またお知らせします)。

2部構成です。
前半はアレクサンダーがタスマニアで生まれて、メルボルンでテクニークを見つけて発展させ、その後ロンドン・ニューヨークで成功するまでに、どのような出来事が起こり、どう彼に影響したかを見ます。

後半は1894年に教え始めたアレクサンダーが、どのように教え方を変えていったかを当時のパンフレットなどで見て行きます。

特に彼がなぜ「呼吸の人」となぜ呼ばれていたかを取り上げるので、アレクサンダー ・テクニークと呼吸との関連を知ることができます。それは独特なので、呼吸についての大きなヒントが得られることでしょう。

(やや詳細な項目を、末尾に載せています)

【日時】 2018年11月10日(土) 14:00~16:55(定員21人)

【場所】 池袋アットビジネスセンター別館(池袋駅から歩いて30秒)

【参加費】 7,000円(参加費6000円、資料代1000円)
申込み後に振込先を連絡させていただきます。
(可能な方は、事前の直接手渡しもOKです。当日払いは、ご遠慮ください。)

・資料のみを希望される場合は郵送費込み 3,000円

【配布資料】
1)「自分の使い方」第1章テクニークの進化」訳最新版 v3 A4 19ページ)
2)1906年小冊子「呼吸と声の再教育の新しい方法の紹介」訳
Introduction to a New Method of respiratory Vocal Re-Education」(原文で10ページ)
3)レクチャー資料  A4 4頁以上

【申込み】

参加する日(クリックしてチェックをつけて下さい)

11月10日(土)参加資料のみ希望(郵送)

【問合わせ】
ヤスヒロ yasuhiro-alex@gmail.com

内容の詳細

Ⅰアレクサンダーの生涯

1.生い立ちからタスマニア島を離れるまで(0歳―017歳)
2.メルボルン時代、声の障害を克服するまで(~23歳まで)
3.リサイタルツアー、教え始める(24歳~)
4.ロンドンに渡って(1904年 35歳)の成功と、最初の著作「人が受け継いでいる最高のもの」を出版
5.第一次世界大戦とアメリカ、ジョン・デューイとの交流、二冊目の著書「個人の意識的で建設的なコントロール」出版( 1923年 54歳)

Ⅱ アレクサンダーテクニークの教え方

1.どのように教え始めたか
2.「フルチェスト・ブリージング」
シドニーでマッケイ医師、ロンドンでスパイサー医師という一流の有力者に認められ、「呼吸の人」とも呼ばれて成功したときに教えていた内容。
3.教師養成トレーニングを始める前まで

 

 

 

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.