BodyChanceのプロコースで教えるアレクサンダー・テクニーク教師ヤスヒロ(石田 康裕)のページです。テクニークの歴史や役立ち情報など多くを載せています。教育分野(学校の先生など)での応用にも力を入れています。ヤスヒロは、埼玉・東京でのレッスン、出張レッスンを行っています。機械工学修士で27年間、高校で教えました。

池袋レクチャー

  • HOME »
  • 池袋レクチャー

池袋レクチャー第6回「ビンクリーの日記から見る晩年のアレクサンダー――チェア・ワークの狙い

池袋レクチャーの第6回は、2020年2月22日(土)9:00-12:00に行います。

定員が10人ですので、希望する方は早めに申し込み下さい。

【内容】(予定)
ビンクリーは、アレクサンダー晩年(80歳を越えています)の1951年から2年間に個人レッスンを受けました。

ビンクリーの著書「エクスパンディグ・セルフ」は、その2年間のレッスン記録と、その後の約3年間の教師養成コースの記録になっています。
この本をもとに、晩年はチェア・ワークしか教えなかったアレクサンダーが、何を教えたいと思っていたのかを見て行きます。アレクサンダーの著書やレクチャー、実演ビデオも詳しく調べ、その内容との関連を見ます。

 ・アレクサンダー4冊目の本UCL第5章で書いているアレクサンダー・ワークの本質
 ・ビンクリーの2年間のチェア・ワークの学びの内容(上記との関連で)
 ・その後の教師養成コースで学んだ内容
 ・アレクサンダーのチェア・ワークビデオの分析
 ・アレクサンダーが行った3つのレクチャーとの関連

  「エクスパンディング・セルフ」についてはこちらをご覧ください。

 【資料】(予定)
①ビンクリーの日記から見た2年間のチェア・ワークの進み
② その後の教師養成コースでビンクリーが習得したスキル
③ UCL第5章「変化に対して使い方はいつも影響する」ヤスヒロ新訳 A4 22頁
(彼の最後の本のこの章で、アレクサンダーは自分が行っているワークについて最も包括的な説明を行っています。)――この翻訳資料は色付け等を行っていて、内容を整理、強調しています。
④ アレクサンダーのチェア・ワークビデオの分析
(アレクサンダーの手の動きや、その効果などを写真で追います)
⑤アレクサンダーが行った3つのレクチャーとの関連

【日時】 2020年2月22日(土) 9:00~12:00(定員10人)

【場所】 池袋アットビジネスセンター別館 701号室(池袋駅から信号を渡ってすぐの所にあります。)

【参加費】 9,000円(参加費+資料代)
      ・資料のみ希望の場合(郵送費込み) 3,500円

【申込み】

2月22日(土)レクチャー参加(9,000円)資料のみ申込(3,000+送料500円)

【問合わせ】
ヤスヒロ yasuhiro-alex@gmail.com

 

 

 

 

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.