アレクサンダー・テクニークの「プライマリ・コントロール」をトーマス・マイヤースの「アナトミー・トレイン」との関連で見て行こうと思います。

今回の1回目では、「プライマリ・コントロール」を振り返ってみます。

アレクサンダー・テクニークのプライマリ・コントロール

F.M.アレクサンダーは、3冊目の著書「自分の使い方」の第1章で、
「人の動きのメカニズムには、プライマリ・コントロールがある。」
と説明しました。

「プライマリ・コントロール」については、最初の教師トレーニングコースの生徒のルーリー・ウェストフェルトが、著書「F.Matthias Alexander:The Man and his Work」の中で書いている説明がまとまっていると思います。
彼女は、既にレッスンを受けていた友人のキャサリンから聞いたアレクサンダーのワークについての言葉を引用しながら、こう書いています。
「彼女(キャサリンのこと)は、アレクサンダーのワークは、彼の言うプライマリ・コントロールというものに基づいている、と言いました。
彼はこの言葉で、
『頭と首と背中には関係性があり、首が徐々に自由になれば、頭は首に対して前と上に行き、背中は長く広くなる。』
と説明していました。
このパターンが起これば、動きを行うときに、使っている身体の全ての部分は協力的に働き、最もうまく行いきます。
毎日の生活のいつもの動きで、その正しい使い方をすることで、機能や、姿勢、身体の輪郭などに、劇的な効果があるのです……」

アレクサンダーはこの「プライマリ・コントロール」という言葉を、1932年(アレクサンダー63歳)に出版した3冊目の「自分の使い方」で、著書では初めて使いました。
彼はその中で、「プライマリ・コントロール」は、ドイツのユトレヒト大学のマグナス教授が論文に書いている「セントラル・コントロール」のことだ、と書いています。

アレクサンダーが教えた内容とプライマリ・コントロール

マグナス教授の論文が出たことで、アレクサンダーはこの言葉を使い始めましたが、彼のテクニークがそこから変わった、というわけではありません。
彼は、25歳(1894年)という若さで、そのテクニークを既に教え始めています。
それは主に、「声」と「呼吸」の改善に役立ちました。

自分の声の障害を克服しようとしてテクニークを見つけたので、「声」については当然ですが、「呼吸」も大きなインパクトがありました。
彼が1904年にオーストラリアからロンドンに渡ったときに、有力者のスパイサー医師に認められたのも、呼吸の改善に顕著に効果があったからです。
当時、肺結核に有効な治療法はなかったし、霧の都ロンドンは石炭による大気汚染があり、現代よりもはるかに呼吸疾患は大きな問題だったのです。
そのため、当時アレクサンダーは、「呼吸の人」と呼ばれました。

彼が後にはプライマリ・コントロールと呼ぶようになった発見は、他の身体部分は直接的にコントロールしにくいが、「頭の動き」はある程度直接指示することができて、それが、間接的に他の部分の改善に結びつく、ということでした。

その「頭の動き」は、最初は「呼吸」と「声」に効果を生みましたが、やがては彼が気づいたように、人の全ての活動を改善する、人間活動にとってとても大事なものだと分かったわけです。

頭を適切に動かすこと、頭の動きの効果を知る意味

アレクサンダー・テクニークを学ぶことは、行っている活動の中で、「頭を適切に動かせる」ようになることです。
でも、なぜそれが、プライマリ・コントロールになり、いろいろな動きに影響をあたえるのでしょうか。

それは、主に次の2つの理由があるからだと思います。
①頭には、後頭下筋のようなとても動きに敏感な筋肉が付着していて、その信号により脳を中心とする神経システムが全身に信号を出す。
②頭と全身の各部は、線で結ばれるようなつながりがあり、頭が動くと、それに繋がっている部分が影響を受ける。

次回から説明する、トーマス・マイヤーの「アナトミー・トレイン」は、主に②についての素晴らしい視点です。
それらを理解することにより、「頭の動き」を自分に指示するとき、それから先生として生徒さんに指示するときにも、その効果を高めます。

次へ→

【ワークショップについて】
BodyChanceの2018年ゴールデンウィーク合宿で「プライマリ・コントロールとアナトミー・トレインを使って考える」のクラスを行います。
合宿に参加される方で、興味を持ちましたらぜひ御参加下さい。
クラスの中では、説明は最小限にして、実際に身体を動かしながら体験的に学びます。

また、この内容に関してのワークショップ開催や、出張ワークショップを行うことができますので、ご希望があるようでしたらinfo@yasuhiro-alex.jp まで御連絡ください。

 

【補足】
プライマリと言う言葉について、補足説明を次に書いてみました。
読む余力があったら、読んでみて下さい。

 

プライマリ・コントロールとセカンダリ・コントロール

「頭の動き」は「プライマリ・コントロール」ですが、それは人の活動の質を作用する最も重要なものだという意味です。
でも、それはいつもすぐに起こるわけでありません。
それだけを最初に考えれば自動的にうまくいく、というわけではないのです。
もしそうなら、アレクサンダーの遥か以前にだれかが発見していたし、習得はかなり簡単なことでしょう。

ニュートンの発見と似ていると思います。
「紙のように軽いものと、鉄のような重い物に共通の物理法則が働いている」という発見は、決して簡単ではありませんでした。
空気抵抗により、その2つは余りにも違った動きをするからです。

そして、ニュートンの見つけた運動法則が分かっても、実際に航空機を飛ばそうとしたら、空気抵抗が少なく浮力が起こる形状なども、考えなくてはなりません。
プライマリ(主要な)があっても、実際に使うときにはセカンダリ(副次的な)ことを考えなくてはならないのです。
でも、そうではあっても、ニュートンが見つけた運動法則は、車でもロケットでも動きを伴うものにとってもプライマリな物理法則です。

アレクサンダー・テクニークでも同じだと言えます。
アレクサンダーも「自分の使い方」の中で、「頭の動き」の重要さが分かったあとに、それをうまく使うためには、「足の使い方」というセカンダリのことにも対処する必要があったことを書いています。

実際に使っていくためには、状況の適切な把握が必要ですが、それができるようになることもアレクサンダーテクニークを学ぶ上で重要な部分です。

次へ→