これまで、まだアレクサンダー・テクニークが未成熟だった頃のオーストラリアでの様子(弟のアルバート・レデン(AR)、妹のアミー、親友へのロバート・ヤング)と、ロンドンに渡ってからの2人(エセル・ウェブとアイリーン・タスカー)への徒弟的な訓練の状況見てきました。

いよいよ、正式な教師養成コースについてです。

1931年に始めた教師養成コースの概要

1931年2月に、63歳のフレデリック・マサイアス・アレクサンダー(FM)はようやく教師養成コースを開始しました。
「新しい職業」として、未来の素晴らしい可能性を宣伝します。

前年の7月には、「アレクサンダー教育基金」を作り、教師養成コースと既に始めていた「リトルスクール(子供たちのための学校で、この名前で呼んでいました。)のために寄付を集めていました。

1929年10月の世界金融大恐慌で、財政的に苦しくなったために始めたという意見もあるようですが、ウォルター・キャリントンは、それに賛成していません。
キャリントンは 「FMは、先生が必要になることに気づいていました。 特にアイリーン・タスカーが教えていたペンヒルでのリトル・スクールの成功に影響されたのだと思います。彼の著作から、FMが子供の発達に関心が深かったことは明らかですし、この分野の需要に答える必要があったのです。」
と言っています。

この頃にどのようなトレーニングを行っていたかについては、次の回に紹介することにして、今回は概要を示します。

FMが行ったトレーニングコースの概要

次の表は、各年毎に教師養成コースに入学した人数です。
カッコ内は、その中でトレーニングを最後まで終えた人数です。
1939年から45年の第二次世界大戦、その後の名誉棄損裁判、1947年12月のFMの脳卒中など、この期間には大きな出来事が多く、それがトレーニングコースにも大きな影響を与えています。

西暦 FM年齢 入学人数 主な生徒
1931 62 9人(8) マーガレット・ゴールディー(1905-1997)
マージョリー・バーストー(1899-95)
レスリー・ウェストフェルト(1898-65)
ジョージ・トレビリアン(前教育大臣の息子1906-1966)
アイリーン・ステュワート(1906-90)
エリカ・シューマン(後にウィタカー)(1911-)
1932 63 1人(1) パトリック・マクドナルド(1910-91)
1933 64 2人(2) チャールズ・ニール(1917-58)
マージョリー・メチン(後にバーロー)(1915-06)
1934 65 1人(1) マックス・アレクサンダー(1916-97 A.R.の息子)
1935 66 1人(1)
1936 67 6人(4) ウォルター・キャリントン(1915-05)
1937 68 2人(1) アルマ・フランク(1898-53)
1938 69 7人(3) エリザベス・ウォーカー(1914-13)
1939 70 4人(1) ウィルフレッド・バーロー(1915-91)
1940 71 0人 (戦時中)
1941 72 1人 (アメリカ) FP.ジョーンズ(1905-1975)
1942 73 4人(4) (アメリカ)
1943 74 (戦時中)
1944 75 (戦時中)
1945 76 9人(8)
1946 77 10人(8) アラン・ムレイ
ペギー・ウィリアムス(1916-03)
1947 78 7人(3) ジョン・スキナー(1912-92)
1948 79 2人(0)
1949 80 3人(0)
1950 81 1人(0)
1951 82 1人(1)
1952 83 1人(1)
1953 84 2人(1) ゴッダード・ビンクリー
1954 85 3人(1)
1955 86 5人(1) ディリス・キャリントン(1915-09)

(修了者の数には、FMの元での開始後、ARやキャリントンによって、トレーニングを終えた人も含みます。)

この表を見ると、FMの存命中にトレーニングを終えることができたのは、50人に満たない少人数であったことがわかります。
表の最初の年の参加者の誕生年を見て下さい。開始する年齢もさまざまです。
トレーニングコースの3年目に開始したチャールズ・ニールや、4年目に開始したARの息子マックス・アレクサンダーは、17歳前後の若さでした。

トレーニングコースは3年間でした。
開始後10年以上を経た1945年のパンフレットによると、1年を2期に分けていました。
9月10日~11月30日の3ヵ月と1月20日~7月20日だったので、クリスマス休暇と夏休みを多めにとっていたのでしょう。
授業料の納入は6回(1年2回)に分けていて、それぞれ125ポンド、75ポンド、100ポンド、75ポンド、75ポンド、50ポンドでした。 合計だと500ポンドになります。 (為替の値は難しいところですが、300万円~400万円程度かと思われます。 1947年9月にトレーニングを始めたペギー・ウィリアムスは、500ポンドの授業料を「それほど高額でない」と言っています。)

最初の入学者は、アメリカに帰らなくてはならなかったマージョリー・バーストーを除いて、無料で追加の1年がありました。その年は、3年目の「ベニスの商人」に続いて、「ハムレット」の公演を行っています。
生徒はテクニークを実際に使う場面として、舞台に立つことが必須だったわけです。
「ハムレット」の翌年にコンサート形式で公演を行いましたが、その後の生徒達にはこの課題はなくなりました。

1947年12月の脳卒中後、FMはしばらく教えることができなかったので、このときもトレーニング期間を1年延長しています。

また1954年以降は、トレーング・コースをウォルター・キャリントンらに任せて、余り教えませんでした。

トレーニングコース開始時の8人の生徒

この写真は、1931年にトレーニングコースが始まったときの8人の生徒です。(写真⑨のARの息子マックスはこの3年後にトレーニングを始めました。)

①エリカ・シューマン(後にウィタカー)
エセル・ウェッブの姪、FMは彼女の脊柱彎曲を治している
②マーガレット・ゴールディー
フローベル大学で教員をめざして学ぶ。その際に虚弱な身体をFMのワークで改善し、課程を終えることができた。リトル・スクールですでに教えていた。
③ジーン・マッキンス
リトル・スクールの生徒だった。
④マージョリー・バーストー(アメリカ)
1927年にFMからワークを6ヶ月受けている。
⑤アイリーン・ステュワート
マーガレット・ゴールディーのフローベル大学の級友
⑥ガーニー・マッキンス
ジーンの兄 ぜんそくのため1927年にレッスンを受けている
⑦ジョージ・トレビリアン
当時の教育大臣の息子
⑧レスリー・ウェストフェルト(アメリカ)
子供の頃小児まひを患った。トレーニングの前にレッスンを受けている。

ウォルター・キャリントンは、
「初期の生徒たち(すぐ後に加わるパトリック・マクドナルドやチャールズ・ニールも含めて)は、アレクサンダー教師になるという明確なビジョンがあったわけでなく、大学を卒業した後で自分が何をしていいかわからなかったり、もっとテクニークのワークに触れたいと思ったりなど、さまざまな動機で始めたと思う。」
と書いています。

第一期に後から加わった生徒

⑨キャサリン・メリック(キティ・ウィロポルスカ)--コースを始めた年(1931年)に参加。
ルーリー・ウェストフェルトの友人。ほぼ3年のトレーニングを受けるが精神分裂症を発症し断念。後に、パトリック・マクドナルドからトレーニングを受け直し、先生になる。
⑩パトリック・マクドナルド --1932年に参加
アレクサンダーの支持者ピーター・マクドナルド医師の息子。10歳の頃より、FMからレッスンを受ける。ケンブリッジ大学で歴史を専攻し、それを修了してからトレーニングに参加。
⑪マージョリー・メチン(後にウィルフレッド・バーローと結婚)–1933年に参加
アレクサンダーの妹、アミーの長女。
⑫チャールズ・ニール  --1933年に参加
喘息でアレクサンダーから個人レッスンを受けていた。第二次大戦後に、アレクサンダー・テクニークに他の技法を取り入れて独自の実践を始める。
FMは、その内容を肯定しなかったが、当時の大政治家スタッフォード・クリップスの支持を得るなど、成功を収めていた。
1958年に30歳代前半の若さで亡くなっている。
⑬マックス・アレクサンダー(上の写真では⑨) --1934年に参加
アルバート・レデン(AR)の息子、学校を終えて参加。

前へ    次へ「アレクサンダーが行ったアレクサンダー・テクニーク教師養成4」