BodyChanceのプロコースで教えるアレクサンダー・テクニーク教師ヤスヒロ(石田 康裕)のページです。テクニークの歴史や役立ち情報など多くを載せています。教育分野(学校の先生など)での応用にも力を入れています。ヤスヒロは、埼玉・東京でのレッスン、出張レッスンを行っています。機械工学修士で27年間、高校で教えました。

CCCI「集中」

  • HOME »
  • CCCI「集中」

「個人の意識的で建設的なコントロール」 F.M.アレクサンダー 1923年出版

第三部 三章「集中と指示を与え続けること」をヤスヒロ訳で載せます。

1 前の章で述べた体験を、「模倣のプロセスを意識的に使う」こととの関連で考えると、「模倣を使う」という考えには、「結果 [end] 」を得るために特別なことを行う [specific attempt] ことが含まれているに違いありません――言い換えれば、特定のことを模倣 [specific imitation] しようと、特定の特徴 [specific manifestations] を選ぶのです。そのため、模倣のプロセスは「特定のことに注意を向けること [fixating on specific points or objects] 」――すなわち、「集中 [concentration] 」として知られている――になります。

2 「集中」という考えは、この言葉の実際の使われ方や、人が「集中」するときに悪い特徴を示すことから判断すると、破滅的で狭量なものです。生徒はこの疑わしいものを発達させるべきだと、先生が強く思えば思うほど、悪い特徴は大きくなっていきます。

3 この「集中」という考えは、いつ起こったのでしょうか。教育の過程のどの段階で、それが必要だと考えられたのでしょうか。

4 「集中」ということを考え出して、それを使ったのは、良いと考えた「人間有機体の使い方」の状態で起こる、楽さや・自発性のある状態・健全な喜びを望んだからです。その人が何をやっているかには関わらず、それは「注意を向けている [give their attention] 」と見える人たちの特徴です。ここで気づかなかったのは、「精神―身体的な人間有機体の機能」が不完全で不適切な子供たちだけが、観察し好奇心を持つ自発性に欠けるために、「注意散漫 [mind-wandering 精神がさまよう]」の特性を示すことでした。これは、もちろん先生にとっては仕方がないことでした。例えば200年前の子供は、かなり信頼できる本能 [instincts] と、適切な呼吸の欲求、十分な発達を可能にする精神―身体的な備え、を持って生まれていたことでしょう。もし使われる教育プロセスが意識的コントロールの次元のもの――すなわち、「ミーンズ・ウェアバイ」原則から作り出されたもの――であるならば、それらは満足な発達をさせてくれたはずです。残念ながら教育プロセスは、潜在意識をベースとして――すなわち、「エンド・ゲイニング」原則に基づいて――作り出されてしまい、その「エンド・ゲイニング」原則を使うことの悪影響は急速に大きくなり、教育の過程のある段階で、欠点の中で、とりわけ「注意力の無さ」、いわゆる「注意散漫」として表れるまでになったのです。「注意散漫」と呼ばれるこの欠点が大きくなり、直さなくてはならなくなったとき、潜在意識に方向づけられてコントロールされて、「エンド・ゲイニング」原則に支配されてしまっている教育の専門家たちが、あることや方法に「心を保つ [hold the mind]」(留意 [attention] )ための何らかのアイデアで対処しようとしたことは、自然な成り行きでしょう* 。「集中する [concentrate]」という単語は、「Students’ English Dictionary」によれば、「共通の中心に向かって動くようにすること [to force or cause to move to a common centre;一つの対象を考えるようにすること [to bring to bear on one object]」と言う意味ですが、後者の意味が一般に受け入れられています。

* [脚注]
「注意散漫」という欠点を認識し、それに対して採用された対処法と、「身体的な」衰えを最初に認識し、そのとき使われた対処法との関係は似ています。どちらの対処法もその根底にある誤った原則は同じです。

5 それが、対処法になりました。わたしたちが知っているように、何年にも何年にもわたって、それは使われ続けたために、誰もがそれを意義あるものと思い、「集中」だと考えるものに思い込みを持ったのです。集中を信じない人を探そうとすれば、ここで言ったことが本当だと納得するでしょう。この問題を友人と話して、始めに「わたしは集中が役に立つと思っていないんだ。集中は実際には有害だと思っている。」と言ってみて下さい。確実に次のように返されることでしょう。「でも、やっていることに、気持ちを集中させる必要があるじゃないか。」「集中しなければ、やっていることに、どうやって気持ちを保ち続けることができるんだい?」「人は普通、最善を尽くしたいと思っているし、集中力があれば、成功の可能性は確実に高まるだろう?」などです。

6 さらに人々は、完全に静かでなくては仕事をうまくできないとか、どんな中断 [interruption] も思考の継続を邪魔してしまう、などの多くの理由で、その人の「集中」に対する思い込みの裏付けをしようとします。このような議論をうまく終わりにする唯一の方法は、こうすることです。意識的コントロールに基づいてワークを行う先生が、精神―身体的な実際の例を使って、分かってもらうようにするのです。その人が、その実例で見たものを信じることができて、信じようとすれば、わたしたちはそれを行う中で、納得させることができます。精神―身体的な活動についての発言や意見は、それを言っている人が、それが真実だという実際の例を示すのでなければ、受け入れるべきではありません。そして、その言っている内容には、論理性もある必要があります。実際の例で示すために、「集中」を信じて実行している人たちが、読む・書く・考えるなど全ての無数の日常活動において、どのような精神―身体的な特徴を見せているかに目を向けましょう。最初に、眼の緊張を観察するでしょう。これは心配と不安の表れで、不適切な恐怖反射 [fear reflexes] が起こっていることを示しています。ときには眼の形が歪んでいたり [be distorted]、自己催眠の目つき[hypnotic stare] に見えるときもあります。つぎに、注意を、顔の表情全体に向け、そして、胴体と四肢に向けてみましょう。不適切なひどい緊張が、その人の身体の有機体全体に広がっていることに気づくでしょう。その人が、その欠陥を作り上げた原因について論理的・意識的に考えようとしないで、いわゆる「精神的」な考えと「身体的」な緊張の悪いセット(組み)を、別のより強力なセットで、潜在意識的な努力を使って(試行錯誤 [trial-and-error] の方法を用いて)、圧倒しようとするのですから、他の結果になりようがありません。

7 たとえばある人が、何かの動作――例えば、イスに座る――で、ひどく不必要な力を入れてしまう癖があるとしましょう。先生がそのことを彼に指摘し、その不必要な力を入れずに動きを行うためのミーンズ・ウェアバイ [means whereby それを実行するための手段] を彼と論理的に考え出し、必要なディレクション[ directions 方向性](一連の指示 [orders])と、その指示をうまく実行するために必要な「信頼できる感覚認識 [reliable sensory appreciation]」 を与えたとしましょう。その生徒は、それらのディレクションについて、単に与えられた順番に従っていけば良いのに、そうせずに、そのディレクションに対して、彼が言う所の「集中」をし始めたとします。彼は実際に何をするでしょう。特定の所に注意すれば、彼は1つの指示に集中し、他についてはほとんど無視していると言えますし、全体として見れば、イスに座るときに与えるように言われた、新しい意識的な指示のセット [a new set of conscious orders] に対して、彼が集中の動作 [the act of concentration] に必要だと考えたもっと強力な指示のセットが、打ち勝っているのです。この強力な指示のセットは非論理的なものなので、それにより起こることは、イスに座る動作に潜在意識的につながっている前の誤った方向性の活動を強め、この動作の新しい論理的なディレクション [direction 方向性] を追いやってしまうことです。彼は、わたしがどこかで人間有機体の内戦状態 [ a state of civil war] と書いたものを始めるのですが、この状態のときにはいつも、強い緊張や頑張りが起こります。先生が生徒の身体のどこかを動かしている間、静かに座って何もしないようにと、生徒に求めたときに、これは最も明確に現れます。わたしの経験では、何もしないようにと求められたときに、生徒は緊張し注意をどこかに固定しようとするあらゆる兆候をみせますが、それは彼が何かをするときに行っているもので、わたしたちが集中をしようとするきに伴うものだと学んだものです。この点を生徒に指摘すると、10人中9人は「何もしないようにしているんだ [I am trying to do nothing]」と答えます。彼は「何もしないため [to do nothing] 」に、「するべき何か [something to do] 」がある、と信じているのです。わたしたちの集中への思い込みは、そこにまできています。

8 このことがとても示唆に富むのは、「注意散漫」のような精神―身体的な欠点に、「特定の部分を扱う対処法」を使うときの危険性が示されているからです。そのような欠点は、精神―身体的なメカニズム全体の不完全な使い方が元になっています。ある人が「注意散漫」になるときには、感覚認識は信頼できない状態になっていて、精神的―身体的な活動 [activities] に過度の緊張と頑張りが起こっていますが、それは協調状態が不完全なときに伴うものです。このような状態の人に対して、特定の部分を扱う対処法のどのような試みも、危険が伴います。意識的コントロールの次元にあれば、そのような危険を防ぐことができますが、潜在意識をベースにしていては、実質的に免れることはできません。

9 それでは、いわゆる「集中」がどれほど人に狭く考えさせてしまうか、を見ましょう。幸いにして(不幸にしてかもしれませんが)先生の役割を行うようになった人たちは、一度に一つ以上のことを考えたり、人間有機体の2つの部分だけでも協調動作させる技術 [evolution] を行える人を、見つけることが困難なことを良く知っています。どのような技術 [evolution] であっても、さまざまな部分を協調的に使うには、関係するさまざまな部分に対して、連続的に、そして意識的に、指示を与える必要があるのです。その動作で、1番目の身体部分 [the primary part] をガイダンスしコントロールする1番目の指示 [the primary order] は、その動きの2番目の身体部分 [part] に関する指示を与えている間、継続している必要があり、それを、どんなに多くの指示(数がどれほどであるかは、その動きに関するプロセスが何を必要とするかによります)が必要でも、同じように続けて行く必要があります。治療的なワークで [in remedial work] 2つ以上の身体部分を使うときに、普通は、1番目の指示 [the primary projection] は、それが正しくても間違っていても、その1番目の動き [the primary movement] に関する身体部分を使い終わったときに、終わってしまうのです。これは、その動きに関する他の部分に対する指示についても同じで、手順に対して、「エンド・ゲイニング」原理を使った「集中した努力 [concentrated efforts] 」が行われる別の例です。一方、意識的な指示を連続的に与えるには、広範で論理的な態度 [a broad, reasoning attitude] が必要です。その人は、特定の動きを正しく行うための必須な指示 (ミーンズ・ウェアバイ)についての明確な考えを持たねばならない上に、正しく関連させながらそれらの指示を出さなくてはなりません。協調的な一連の指示 [the co-ordinated series of orders]が、人間有機体の協調的な使い方をもたらします

10 このことから、人間有機体を不完全な協調状態で使っているときには、広範で論理的な態度が無く、示した恩恵は生まれないことになります。ほとんどの人が多かれ少なかれ、自分のメカニズムを協調の悪い状態で使うようになっていて、それが彼らを「エンド・ゲイニング」原則に頼らざるを得なくさせていることを考えると、こんなにも多くの人たちが、思慮がなく、関連性の無い指示 [orders] ――すなわち、関係するさまざまな部分を協調的に使うという観点からの論理づけを行っていないため、協調性の悪い動きをさせる指示――を出す習慣を持っていることに、驚きはありません。そのような生徒が、意識的コントロールの次元で行う治療的なワークを学びに来て、関連した一連の指示を連続的に出すように求められたとき、注意 [attention] を継続できないことと、場当たり的で潜在意識的なガイダンスとディレクショを行ってしまう自分の習慣を破ることに対して、大きな困難に出会うのです。実際のところ人々は概して、ある動きの中で異なった身体部分を関連づけることや、それをするための指示 [orders] についての考えを持っていません。人は、ある動きの最初の部分に必要な1番目の指示やディレクションを与えることはできますが、それを達成したときに、動きの2番目の部分に必要な指示と関連づけながら、その1番目の指示を続けようとはもはやしません。繰り返し繰り返し、2つのことの関連が重要だと指摘されていてもです。このことの主な原因は、2つ以上のことを同時に「心に留める [bring his mind to bear]」ことはできないと、彼が思い込んでいることにあります。「一度に、そんなに多くのことを考えるなんてできないよ。」と彼は言います。これは、前に書いた集中の定義と全く同じ考え方です。これが幻想 [delusion] といえるのは、彼は生活上の全てのことで、同時に幾つかのことを潜在意識的に「心に留めて [bring his mind to bear]」いるからで、そうでなければ、毎日の活動の最も単純なことさえ実行できないはずなのです。

11 簡単な例が、このことを明らかにしてくれます。それまで座っていた人が、部屋にやってきた友人に話かけるために、立ち上がろう [rise] とするとします。座っている姿勢から立ち上がろうとする刺激が来て、それに対する反応として、「立つ [stand up]」 という決定が起こります。決定するとすぐに、座った位置から立ち姿勢になる [rising from sitting to the standing position] ときの十分に確立した習慣への指示 [orders] が、関係する精神―身体的なメカニズムに与えられます。そして、立ち上がる [rise] という動作が行なわれ、いわゆる「立ち姿勢 [standing position]」と思われている状態に至ります。さらにこの人がすぐに、その友達と、普通の会話か科学談義をたとえば30分行ったとしましょう。わたしたちが扱っているテーマに関して言えば、彼は議論に必要なことに没頭 [absorbed] していて、実際、彼は「最善を尽くすためには、議論の内容について集中しなくてはならない。」と言う事でしょう。わたしたちにとって興味のあるのは、彼が立ち続けるためのミーンズ・ウェアバイのことで、彼はそれを意識していないし、決して意識することはないだろう、ということです。立つという決定をしたときに、指示を与えていたこと [projection] をすでに述べましたが、それらを、例えば、他の場所に移動しようという別の決定があるまでは、続けているに違いありません。人間という生物は、潜在意識的な発達のプロセスの期間の中で、連続的に指示を出し続ける能力もまた発達させたのです。このため、協調状態をもたらし再教育を行うワークの中で、指示を出し続けることの必要性と重要性を強く主張することは、新しいものでなく、人間発達のとても古くて基本的な原則に基づいているといえるのです。

12 ここで考えてきことの中で興味のある点は、「集中」に関する思い込みが広く行き渡っているのは、「エンド・ゲイニング」原則を受け入れていることと密接な関係があることです。この反対と言えるのが、「結果 [end]」を確実に得ることができるミーンズ・ウェアバイを明確に、そして関連性を持たせて考え出し、目的のために必要なだけの数の内容を「心に留める」(指示を連続的に与える)という原則です。成功には集中が必要だと信じ、さまざまなことにそれを使い、実際にその力を発達させている人は、「マインド(心)を一つの対象に留める [to bring the mind to bear on one object」ということが、精神―身体的な全体傾向となっています。これは全く「エンド・ゲイニング」原則のことで、「ミーンズ・ウェアバイ」原則とは逆です。後者は、必要であれば1ダース以上の対象を「心に留める」能力を要求し、このことは、多くの事は、その全てが進行しながら、1つの共通の結果に収束する [a number of things, all going on, and converging to a common consequence] こと(指示を連続的に与えること [continuous projection of orders] )を意味しています。

13 100人のうち99人は、毎日の生活という領域で、精神―身体的な自分の使い方について「ミーンズ・ウェアバイ」を考えることは、邪魔で障害になると考えています。それらの人たちは、二つのことに一度に――すなわち、自分と、行っている作業や業務、専門的な仕事に対して同時に――注意を向けることができないと、自信を持っています。精神-身体的な自分 [psycho-physical self] は、業務や専門的な仕事を行うための道具や機械 [instrument or machine] であって、業務や専門の活動でどの程度成功するかは、その道具・機械の機能の高さで決まるという考えは、彼らには決して起こることがないのです。この道具・機械は、業務や専門を行うためのミーンズ・ウェアバイなので、業務や専門に適切な注意を向けるのなら、道具・機械の機能に適切な注意を向けることは重要です。そのため、「この二つのとても重要で相互依存する精神-身体的なプロセスを、協力させて実行できない」と認めることは、「「結果 [end]」を得るためのミーンズ・ウェアバイに適切な注意を向けると、それらの「結果」を気に留めなくなる[due attention to the means whereby they can gain their “ends” will render them unable to attend to these “ends”] 」と言っていることになります。これは、不合理です。そのように認めてしまうことで、人類を集団として、現在位置している進化の段階に留まらせます。これが決して高い段階でないことは、人間という生物が高い潜在力を持っていて、動物と野蛮人の発達においては、その生き物自身を使うこと [the use of the creature’s self] と、その「自分」を生きる中での活動に使うこと[ the use of the that self in the activities of life] の二つのプロセスは相互依存していたことを考えればわかります。

14 普通の人たちが、いわゆる「集中」を信じているばかりか、実践までしている社会では、この言葉自体への考えと、それを実際に行うことへの考えは、その人個人の精神-身体的な欠陥に従っていて、人がある欠陥を意識したとき、「集中」として理解しているものを使えば直すことができると思ったのです。この「狭くなるプロセス [narrowing process] を一度使ってしまえば、同時に2つ以上のことを行ったり考えたりすることは不可能だと思うことには、驚きません。このように作られた有害な精神-身体的な状態は、全体が良く機能する状態を作りません。

15 他方、全体性に基づいた再教育を受けている生徒の進歩を見る人たちは、「人は適切な注意を連続的に与えることを学べる」という決定的な証拠を見ます――すなわち、精神-身体的なメカニズムの良い使い方のための「ミーンズ・ウェアバイ」に「留意し続け [keep the mind]」ながら、他方で、毎日の生活の活動に、たとえそれが業務や専門的な仕事でも他のものでも、そのメカニズムを使える、ということです。これには、全体的な精神-身体的な健康 [general psycho-physical health] が良くなり続ける、という望ましい結果も伴います。人間機械は、同時に多くのことを行う能力を持っていて、「精神-身体的な協調状態」が統合的になっているときには(本当の集中状態があるときには)、その人は協調のプロセスがあるので、集中のプロセスを知らないのです。実際、そのような人は、集中が必要だと考えないでしょう。彼はその必要性を感じないし、それを、特別な注意を必要とするプロセスだとも、考えません。

16 わたしが述べた「協調性の良い状態」や「協調状態の良い人間 [the co-ordinated creature] 」の特徴は、ある種の集中の形を示していますが、これは「集中のことを考える」ことや、それを考えるように他人に言うことでは達成できないものです(そう考えること自体が、「集中」の言葉が言っている意味では人は「集中」できないことを、すでに示しています)。この本全体で、何かの文章や言葉の指示で、協調状態の悪い人の欠点や欠陥を直そうとすることが誤りであることを、明らかにしています。目の前のことに適切な注意を向けられないという意味で「集中ができない」人は、誰もが協調状態が不完全になっています。このような人に、「集中して」とか、「集中を学ぶことによって」と言って、彼がそう考えているような集中をさせることで欠点を克服させようとするならば、その人自体をわざわざ分断させてしまい、それは有害です。必要なのは、全体性に基づいて、良い精神-身体的な協調状態を回復することで、このことで集中の本来のプロセスが行えます。

 

 

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.