BodyChanceのプロコースで教えるアレクサンダー・テクニーク教師ヤスヒロ(石田 康裕)のページです。テクニークの歴史や役立ち情報など多くを載せています。教育分野(学校の先生など)での応用にも力を入れています。ヤスヒロは、埼玉・東京でのレッスン、出張レッスンを行っています。機械工学修士で27年間、高校で教えました。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • ワークショップ、クラス

ワークショップ、クラス

身体のしなやかな動きを作り健康になるために、胴体の滑り面を知る

みなさんは、自分の胴体についてどんなイメージを持っていますか。腕や脚を動かすときに、胴体はその引張りを受けていろいろな所が動くでしょうか。それとも、前回のブログで甲殻類に例えたように、ロボットのように一つのまとまった塊で …

甲殻類のように自分を動かすか、それともしなやかな動きが持てるか

多くの人が、腕や脚を幾つかの塊として動かしています。老齢で動きの悪い人を見れば、特に脚が一つの機械部品のように塊に見えます。これは、蟹のような甲殻類のイメージを持ってしまっているのでしょう。若い人でも胴体の一部がそうなっ …

大腿筋膜は「筋膜」の名前がついていても大腿の全体を覆っているし、腸脛靭帯は靭帯ではない

ファシア [fascia] を「筋膜」と訳すことで、「筋肉だけを覆っている膜」という印象を与えていて、それが混乱を招くことを、レクチャーで指摘してきました。例えば個々の筋肉を覆う膜は「筋外膜 [epimysium]」 と …

カラ・ステッコの「ファシア系の機能解剖アトラス」

カラ・ステッコの「ファシア系の機能解剖アトラス Functional Atlas of the Human Fascia System」の英訳本(大型本で374頁原著はイタリア語。和訳本「筋膜系の機能解剖アトラス」もあり …

2021年GW4日間のWSが終わりました

5月1日から4日までのアレクサンダー・テクニークを学ぶ4日間の長丁場の連続WSが終わりました。さすがにわたしも終了後は疲れを感じましたが、とても充実した楽しい時間を過ごすことができました。協力的に参加して頂いた参加者の方 …

ファシア・レクチャー 第3回 「頭から首と腕にかけてのファシア、手の繊細な動き――全体性とハンズ・オン・バック・オブ・ザ・チェア」を池袋で行いました

昨日(2021年3月27日)ファシアレクチャー第3回を池袋で行いました。 申込は12人だったのですが、残念ながら体調不良で2人の方が欠席でした。欠席された方々の早い回復を願っています。今回の内容と、参加者の感想を届けさせ …

筋肉は「ファシア・テンサー」としての役割を持つ――シェイプ・アップを図り、メカニカル・アドバンテージを得るために

「テンサー」とは、「引張りを行うもの」という意味です。筋肉は力を出して、普通は骨を動かすものと考えられてきました。ところが、ファシアの研究が進んだことで、筋肉はもう一つの重要な役割を行っていることが分ってきました。さまざ …

腕の複雑で繊細な構造――なぜ筋―骨格系では手や指の精密なコントロールができないか

この1年間、わたしは60肩で苦しみ、特にギターを弾くとそれが現れました。しかし、その改善に長期的に取り組んだおかげで、いろいろなことが分って来たし、その前にはできなかったことができるようにもなりました。 その過程で分った …

アレクサンダー・テクニークの深遠さと声・「自分の使い方」

アレクサンダー・テクニークはとても深いので、学ぶ人が「その深さが果てしない」という予感を持てないと(予感でしかないのは、本当の深さはそこに達してないと分らないからです)、浅い理解に留まってしまいます。 理解が浅いだけでな …

「筋紡錘」は身体の「張力ネットワーク」の感覚受容で中心的な役割を果たす

今回は、つい2週間前に知ったことで、わたしが持っていた身体観を大きく変えたものについてです。 自分や他の人の動きを考えるときに、いろいろなアイデアを持てそうです。 伸張反射と筋紡錘 第2回のファシアレクチャーで、実用的な …

« 1 2 3 8 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.