BodyChanceのプロコースで教えるアレクサンダー・テクニーク教師ヤスヒロ(石田 康裕)のページです。テクニークの歴史や役立ち情報など多くを載せています。教育分野(学校の先生など)での応用にも力を入れています。ヤスヒロは、埼玉・東京でのレッスン、出張レッスンを行っています。機械工学修士で27年間、高校で教えました。

CCCI「模倣」

  • HOME »
  • CCCI「模倣」

「個人の意識的で建設的なコントロール」 F.M.アレクサンダー 1923年出版

第三部 二章「模倣」をヤスヒロ訳で載せます。

1 模倣 [imitation] と呼ばれる精神―身体プロセスは、ほとんどの人の場合で、他の基本的なプロセスよりも、より強く働いているように思えます。人間がこの才能 [aptitude] を持っていて、他の人の特徴を無意識に真似ることが、成長と発達と、個人の「精神―身体的な自分の使い方」 [the use of our individual psycho-physical self] に大きな影響を及ぼしていることを、わたしたち誰もが知っています。模倣は生まれつきの才能で、わたしたちはそれを使う無意識的な傾向を持っているだけでなく、模倣から悪い結果が起こっていることについても、多くの証拠があります。文明化の中でこの生まれつきの才能を使うときに、がっかりする結果が起こる主な原因を、これからわたしたちは考えます。

2 この本は、精神―身体的な人間有機体の欠陥や特異性、不完全な使い方などを扱っていますが、程度の差こそあれ、大多数の人々がそれらの欠陥を持っていて、欠陥のいくつかはひどくて「奇形状態 [a condition of deformity] 」と呼ぶまでになっていると、ここで主張しましょう。そのことに、模倣が、落胆させる有害な結果が起こす原因 [cause] があります。模倣のプロセスは、模倣しようとする目立つものが無いと始まりません。模倣が起こる主な刺激は、他の人の何かの特性や目立った特徴を、無意識的または意識的に知覚することですが、そのような特徴は、概して「精神―身体的な欠陥や特異性」の表れなのです。現代生活の全ての領域で、個人が他の人の欠陥や特異性を模倣してしまう危険性は非常に高いのです。学習や「何かをすることを学ぶ[learning or learning to do]」ときの全ての活動、特に教室や運動施設で先生と生徒として学ぶときなどに、その危険を無くすか、少なくとも最小限にすることは、最も重要なことです。実際に、そのように先生と生徒が身近に接しているときは、模倣のプロセスが働くようにさせてしまうのです。

3 学校のほとんどの子供たちは、「自分の使い方 [use of self]」の欠陥を、生活の普通の活動で見せていて――多くの場合で、それはとても重大な欠陥です――、その欠陥を無くそうとして、いろいろな鍛錬や、矯正体操 [remedial exercises] が行われています。しかし、とても稀な場合を除いて、その改善や他の分野を学校で教えている先生たちこそ、余りにもしばしば、同じものか別の欠陥や特異性が大きく持っています。先生が教師と呼べる活動をしていれば、生徒は多くの点で影響を受け、ほとんどの生徒は、潜在意識的に先生の真似をするでしょう。すでに指摘したように、それらの先生の最も目立った特徴は、生徒の模倣のプロセスへの強い潜在的な刺激になります。例えば、声の質・口の開け方・腕の使い方・声の出し方・発声が変だったり、立っているとき・歩いているとき・座っているときの人間有機体のどこかの部分の使い方が変なら――実際は、先生の目立った特性として現れている欠陥や特異性は全てです――、それは生徒に模倣を起こさせる最も強力な潜在的な刺激になります。このことが深刻な影響を及ぼすことを知れば、欠陥と特異性を持つ全ての先生は、感覚認識が信頼できなく、「精神―身体的な人間有機体」を悪く使うことで、生徒にとって悪い手本であると確信するでしょう――本当に全く危険です。模倣により欠陥と異常性を獲得してしまうとことが妨げになって、生徒と先生の両方は、良い精神-身体的な結果を得ることができなくなります。

4 学習の分野が何であれ、潜在意識をベースにした方法で行っていれば、「先生がうまく行うのを見れば、生徒はそれを真似して [copy it] 同じようにうまくやれる」と、生徒も先生も誤って思っています。生徒は完全にそれを確信しているし、先生は、彼(先生)が自分で行っていると思っている* ように [as he (the teacher) believes he does himself] 生徒に教えれば、生徒に成功させることができる、と疑いなく信じているのです。

* [脚注]
のどの障害のために公の舞台から引退を余儀なくされて、歌の先生になった歌手の例を取り上げましょう。それが原因で引退した2つの事例を思い出すことができます。引退前に、声を出そうと努力している様子を何度か見ましたが、預言者の予言を聞かなくても、引退が起こるだろうと思うには十分でした。緊張や喉頭のずれ [larynx displacement]、胸や腹部の歪み[chest and abdominal distortion] による酷使に、のどとその関係部分が長時間耐え続けることなど、どんな人にとっても不可能です。これは精神-身体的なメカニズムの使い方が不完全であることから生じているのですが、それらの個別の部分が普通の状態になるためには、その使い方が良くなくてはいけません。この同じ人が教えようとするとき、彼らは、その信じている歌い方や呼吸の方法をできる限り生徒に伝えようとします。彼らは、それが正しいと信じていることでしょう。なぜなら、彼らが歌を学んでいたときに使っていた方法でしたし、教え始まるまで練習し続けてきた方法だからです。まさにその練習を忠実に行うことで声を失った、という事実は、二人の意識には登りませんでした。そうでなければ、なぜ、自分自身に大きな障害をもたらした方法を、他の人に敢えて伝えようとする、などということができるのでしょうか。人間という生物が自己催眠の [hypnotize himself] 能力を持つことを、このような人間の愚かさほど、明かにするものはありません。

5 しかしながら、良くあるように、何かの芸術を学んでいる生徒が、学びの助けにと偉大な芸術家の所に行き、その様子を観察するとき、彼は芸術家の「良い点 [“better parts”] 」*よりも、欠点と考えられる特徴に、いつもより強い印象を持ってしまうことを、わたしたちのほとんどが知っています。

* [訳注]
シェークスピア「ジュリアス・シーザー」の、Caesar’s better parts shall be crowned in Brutus! からの引用と思われます。

6 それらの特徴を、生徒は自分の上達に役立つ本質的なものだと思いますが、この思い込みが誤りだと、経験は常に示しています。そもそもその特徴は、その芸術家の天賦の才能があるから、克服できた欠点かもしれないのです。芸術家は、その特徴のために成功しているのではなく、それにもかかわらず成功している、のかもしれません*。模倣しようと思う特徴がたとえ価値のある場合でも、生徒がそれらの特徴を実際に使うためには、最初に、真似しようとする人の人間有機体の全体的な使い方を調べることが必要で――真似しようとする特徴は全体的な使い方の特別な表れであるに過ぎません――、次に、良くても悪くても、その同じ人間有機体の使い方ができるように、真似したい思う人のレベルまで自分自身を再教育 [re-educated] する必要があるのです。

* [脚注]
残念ながらこの傾向は、学習に関わる全ての分野において見られます。例として、球技でこの点を見て見ましょう。S.H.スミスは、テニスの試合で、かがみこんで強いドライブショット [whirlwind drive] を打っていました。ゴアは、フォアハンドのドライブショット [forehand drive]で、ドエトリはグリップを変えないことで有名でした、などなど。これらの特徴は、上達を目指す他のプレイヤ―が真似しましたが、ここでも、経験は常にそれらの考えが間違いであると証明しています。この理由は上に述べた通りです

 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.