BodyChanceのプロコースで教えるアレクサンダー・テクニーク教師ヤスヒロ(石田 康裕)のページです。テクニークの歴史や役立ち情報など多くを載せています。教育分野(学校の先生など)での応用にも力を入れています。ヤスヒロは、埼玉・東京でのレッスン、出張レッスンを行っています。機械工学修士で27年間、高校で教えました。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • アレクサンダー・テクニーク

アレクサンダー・テクニーク

授業のスタイル11

授業のスタイルについての11回目です。 (10)生徒が見えること、情報を得る力 ある研究授業を見たときのことです。 生徒のしつけが良く、授業開始の号令でしっかり立ち、声を出します。 静かに出席が取られ、先生は黒板にその時 …

授業のスタイル8

授業のスタイルについての8回目です。 1回目から読みたい方はこちら (8)関連させること、全体性 授業で一つの単元を学習するとしましょう。 例えば理科で、オームの法則などの電気の回路を学びます。 考え方を理解し、基本的な …

土曜特別講座「腕の使い方と声・呼吸の関係を知る」

先週の土曜日(10月22日)に行った、「腕の使い方と声・呼吸の関係を知る」の90分の講座の内容を紹介します。 腕の使い方が、呼吸や声にどう影響するかを、実体験してもらいました。 最初に、腕を構成する鎖骨、肩甲骨、上腕骨な …

新宿・朝日カルチャー「朗読・読み聞かせ力が向上するアレクサンダー・テクニーク」

昨日から、新宿の朝日カルチチャーセンターの3ヵ月講座「朗読・読み聞かせ力が向上するアレクサンダー・テクニーク」が始まりました。 月に1回(次回は11月17日金曜)で、途中参加もできますので、興味を持ちましたらぜひ参加して …

アレクサンダーの教え方を守ろうとしたマージョリー・バーロー4

マージョリー・バーローの著書「An Examined Life」で、わたしの印象に強く残った部分を取り上げています。 3)使うこと、自分で試し、見つけること 「このワークを理解するためには、まず第一に、『自分に行い、実践 …

アレクサンダーの教え方を守ろうとしたマージョリー・バーロー3

(4)「An Examined Life]について この本は、Trevor Allan Daviesのマージョリー・バーローへのインタビューで構成されています。 主にアレクサンダーが教師養成を始めてから何が起こっていたか …

ARアレクサンダー・FMとの教え方の違い3

  ARの教え方とFMの教え方 ウォルター・キャリントンは、「二人(FMとAR)は、深い関係を持ち、お互いを理解していましたが、合わない所もありました。」(Walter Carrington 「Personal …

アンコールワットから(アプサラの舞いと、アレクサンダーテクニーク、テンセグリティ)

昨日から、久々の子供たちとの家族4人の旅行で、カンボジアにいます。 ちょうど15日間のお盆期間ということで、朝の5時からホテルの近くの寺院のスピーカーからからお経の声が聞こえて来ます。この時間にはもう熱心な人たちはお寺に …

テンセグリティとアレクサンダー・テクニーク5

自分の身体をテンセグリティと考えて、トーンの違いにより何が起こるかさらに実験してみます。 身体を動かすこと、演奏やスポーツ、その他のスキ向上に役立ちますので、ぜひ試してみてください。 (1)トーンが上がると、身体の各部が …

テンセグリティとアレクサンダー・テクニーク4

今回は、立つこと、座ること、歩くことを使って、みなさんが実験できることを書きますので、ぜひ試してみてください。 (1)立ち姿勢とテンセグリティ 疲れたときは身体は重いですし、調子の良いときは、晴れやかで軽く感ます。 体重 …

« 1 6 7 8 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.