BodyChanceのプロコースで教えるアレクサンダー・テクニーク教師ヤスヒロ(石田 康裕)のページです。テクニークの歴史や役立ち情報など多くを載せています。教育分野(学校の先生など)での応用にも力を入れています。ヤスヒロは、埼玉・東京でのレッスン、出張レッスンを行っています。機械工学修士で27年間、高校で教えました。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • アレクサンダー・テクニーク

アレクサンダー・テクニーク

アンコールワットから(アプサラの舞いと、アレクサンダーテクニーク、テンセグリティ)

昨日から、久々の子供たちとの家族4人の旅行で、カンボジアにいます。 ちょうど15日間のお盆期間ということで、朝の5時からホテルの近くの寺院のスピーカーからからお経の声が聞こえて来ます。この時間にはもう熱心な人たちはお寺に …

テンセグリティとアレクサンダー・テクニーク5

自分の身体をテンセグリティと考えて、トーンの違いにより何が起こるかさらに実験してみます。 身体を動かすこと、演奏やスポーツ、その他のスキ向上に役立ちますので、ぜひ試してみてください。 (1)トーンが上がると、身体の各部が …

テンセグリティとアレクサンダー・テクニーク4

今回は、立つこと、座ること、歩くことを使って、みなさんが実験できることを書きますので、ぜひ試してみてください。 (1)立ち姿勢とテンセグリティ 疲れたときは身体は重いですし、調子の良いときは、晴れやかで軽く感ます。 体重 …

テンセグリティとアレクサンダー・テクニーク3

テンセグリティの3回目です。引き続き、アレクサンダー・テクニークと動きとの関連で考えます。 (4)張り(トーン)を変える要因 アレクサンダー・テクニークを使うことで、身体全体の張り(トーン)に作用できますが、他にも無限に …

テンセグリティとアレクサンダー・テクニーク2

前回は主にテンセグリティ構造の特徴を見ましたが、今回はアレクサンダー・テクニークと動きとの関連で考えます。 (1)身体全体の張り(トーン)に最も影響する場所 人の身体は写真のテンセグリティ構造のような対称形ではありません …

テンセグリティとアレクサンダー・テクニーク1

8月19日に「身体をテンセグリティ構造として動かす」ワークショップを行いました。 その内容のいくつかを紹介しながら、テンセグリティを学びます。 また、この考え方がアレクサンダー・テクニークの学びと、身体の使い方にどい役立 …

朝日カルチャー「呼吸と声を改善するアレクサンダー・テクニーク」の2回目

先週金曜日に、新宿・朝日カルチャセンターでの「呼吸と声を改善するアレクサンダー・テクニーク」2回目を行いました。 今回は「日常会話での声の出し方」がテーマでしたが、引き続き呼吸に興味を持つ方が多くいらっしゃいました. 前 …

アレクサンダー・テクニークを使って、イスから立ち上がって歩き出す

わたしが、ワークショップ等で生徒さんにやってもらう動きに、「イスから立ち上がって歩き出す」という動きがあります。 今回はそれについて書きますので、ぜひ試してみてください。 協調的な動きと自分への「指示」 アレクサンダー・ …

「立ち姿勢の3つの悪癖」

立ち姿勢の悪い癖とアレクサンダー 次の3つの癖は、8割以上のとても多くの人に見られます。 (1)腰を押し出している姿勢 (2)肩を後ろに引いている姿勢(「きをつけ」のやり過ぎの姿勢) (3)立っているときの脚の緊張 この …

「呼吸と声を改善するアレクサンダー・テクニーク」が始まりました

先週から、新宿の朝日カルチャーセンターでの「呼吸と声を改善するアレクサンダー・テクニーク」 が始まりました。 ヤスヒロが一人で担当するクラスで、月1回のクラスが3ヵ月続きます。 今回は14名と、多くの参加者がいらっしゃい …

« 1 4 5 6
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.